お問い合わせ 会員登録

髪は年齢を語る?!「美髪」を作る3つの食材選びとは♪

美人の条件とも言える「美髪」。艶とハリのある美しい髪は、それだけで美人度がアップする最強のパーツですよね。しかし、「髪質は遺伝だから」「そういう年齢だから」と諦めてしまってはいませんか?髪は一定のサイクルで生まれ変わるもの。日々の食事を改善すれば、どんな髪質も驚くほどハリや艶がUPするのです!そこで今回は、美髪をつくるためにオススメの食材を4つご紹介します♪

オススメ食材①丈夫な髪には「肉・魚・大豆製品」

髪のベースはタンパク質で出来ている?!

まず、髪は何から出来ているかチェックしてみましょう♪髪のベースとなるおよそ99%は、「ケラチン」というタンパク質からできています。タンパク質というと、最近では筋肉増強のために必要な栄養素と思われがちですが、実は筋肉だけでなくあらゆる細胞を形成しているもの。ハリとコシのある健康的な髪を作るためには、まずベースとなるタンパク質をしっかり摂取する必要があります♪

 

美髪には動物性と植物性をバランスよく♪

「タンパク質」は大きく2種類に分けられます。まずは肉や魚などの動物性タンパク質。特に、モモやヒレ、ラムなどの赤身肉や、マグロやカツオ、サバなどの青魚には良質なタンパク質と脂質が含まれており、美髪ケアにとてもオススメです。もう一つは、大豆製品や穀類に含まれる植物性タンパク質。豆腐や納豆、ひよこ豆や小豆などに含まれているので、動物性とともに欠かさずに取り入れましょう!

動物性タンパク質はメインのおかずとして、植物性タンパク質はサイドメニューの一品として取り入れると、バランスよく摂取することができますよ♪

 

オススメの食材②潤い髪には「色の濃い食材」

タンパク質は「ビタミン」がないと働けない?!

髪のベースとなる「タンパク質」は、実はそれ単体では働けない栄養素。素早く体内に吸収し美髪を作り出すためには、その働きをサポートしてくれる「ビタミン」が必要です。中でもタンパク質を分解する「ビタミンB6」や、頭皮の新陳代謝を高めて血行をよくする「ビタミンA」や「ビタミンC」は美髪にとって欠かせない栄養素。身体の細部にまで栄養を行き渡らせ、潤いとハリのある美髪作りをサポートしてくれますよ♪

 

チョイスの基準は「色の濃さ」

ビタミンB6やA、Cと言っても、具体的にどんな食材を選べば良いかと迷ってしまいますよね。そんな時は「色の濃いもの」を基準にチョイスしてみましょう♪肉類なら脂身の多いサシ肉よりも赤身肉、魚類ならば白身魚よりも青魚、野菜であればほうれん草やパプリカ、人参などの緑黄色野菜といった具合に選ぶとバランス良くビタミンを摂取することができます。

特に、人参は髪のコンディショナーと呼ばれるほど潤いをUPさせてくれる優秀食材♪乾燥やベタつきなど皮脂バランスが崩れている時には、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

オススメ食材③脱!抜け毛には「海藻類・貝類・ナッツ類」

美髪サイクルを早める「ミネラル」も必須

髪は一定の周期で生まれ変わりを繰り返しています。そのサイクルを早めてくれるのが「ミネラル」。中でも「亜鉛」は、髪だけでなく皮膚や骨など身体のあらゆる細胞の新陳代謝を促してくれるため、アンチエイジングにも欠かせない栄養素です。

 

アンチエイジングも叶える「亜鉛」♪

亜鉛が多く含まれているのは、海苔やワカメなどの海藻類や、牡蠣やホタテなどの貝類。どちらも海のものと考えると、ミネラルという言葉から連想できるので覚えやすいですね。また、くるみやアーモンドなどのナッツ類にも豊富に含まれているため、小腹が空いた時のおやつとして取り入れるのもおすすめ。抜け毛や白髪が気になる時には、ぜひ亜鉛を意識して摂取してみてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?
髪質は日々の食事によって変化するもの。ぜひ気になるお悩みに合わせて美髪食材を取り入れ、美人の条件をゲットしてくださいね♪

LINE無料相談 お問い合わせ